複合機をリースで買う

複合機のリースを考えているオフィスもあるのではないでしょうか。

似たような言葉で、レンタルもあります。

リースとレンタルと聞いて、呼び方が違うだけで借りるという意味では同じなので、他は同じものだと思っている人もいるようです。

しかし、2つを比べてみると、契約の内容に違いがあり、利用する目的によってもメリットやデメリットがあるのです。

リースの特徴として、複合機を頻繁に使うオフィスに向いています。

契約期間も5年と長めで、その間は解約できません。

しかし、自分の好きな機種を選ぶことができ新品です。

レンタルの方は、使う頻度が少ないオフィスに向いていて、契約期間も2年くらいと短く初期費用がかかります。

また機種は新品ではなく中古になります。

このように比べてみると、契約期間も違い、複合機も自分で選べるのかレンタル会社が選んだものなどと全然違ってくるのですね。

リースとレンタル、それぞれの特徴を見比べて、今の自分のオフィスに合った契約方法を選ぶことが大事です。

オフィスで使う複合機を購入するときには、直接買い取るより、リースを選ぶ会社のほうが多いようです。

複合機をリースで買った場合、実際に買った会社というのはリース会社で、複合機もその会社のものとなります。

それを毎月、月額料金としてリース会社に支払うことによって、使えることができるようです。

すべての機器が使えるのではなく、対象となっているのは、新品だけなのです。

実際に使うのも、そのオフィスの中だけということで、自分たちで新品を買って使う場合と変わらないのです。

いちばん多い契約期間は5年間だそうです。

もし5年が過ぎてしまっても、もう一度契約することは可能だそうです。

その場合、1年ごとの契約となるのですが、月額料金が今までよりも安く使えることができるのです。

ちなみに扱っている会社はこちらになります。

複合機のリースを比較する

月額料金のほかにも、カウンター料金というのも支払わなくてはなりません。

カウンター料金というのは使った分の枚数に対して、メンテナスの費用やパーツの代金などを払うことを指しています。

支払うと言っても、まとめて同じ会社に払うのではなく、別の会社になります。

Comments are closed.