初めてサッカーの試合に参加して

初めてサッカーの試合に参加して

年長になる娘が、先日初めてサッカーの試合に参加しました。 サッカーは年中から始めましたが、家族はもちろん未経験だし、試合さえ見たことないのにやってみたいと言ってきかないので、あまり気は進みませんでしたが、どうしてもやりたいという気持ちをかって、ダメもとでやらせてみることにしました。 年少から始めた子が多いので、わが娘はほぼ何もできない状態が続き、練習中もとんちんかんな事ばかりしていていました。他のママ達はかわいいねと言ってくれますが、見ているこっちは恥ずかしくて、案の定、穴があったら入りたいと思う日々が続きました。 幼児のサッカー教室なので、ポジションもなければレギュラーも補欠もありません。みんなで楽しくサッカーをやろうというのがモットーの教室なので、かなりゆるい雰囲気の中で怒られることもなく、娘はお友達と楽しそうに練習に参加していました。 ある日突然娘が、試合に出たい!というので、先生に相談し、次回開催される大会で試合に参加させてもらうことにしました。ルールもよくわかっていないし、体力も集中力も試合の途中で途切れてしまう状態なので、週末にある大会には参加させたことがありませんでした。しかし、もうすぐ卒園だし、せっかく習っているのだから、1回くらい参加させてやってもいいか、という軽い気持ちで参加させてみることにしました。 初めて参加するサッカーの試合で、どんな感じになるのか不安でいっぱいな親をよそに、娘はお友達と楽しそうに準備体操したり、先生と一緒にウォーミングアップをしたりして試合までの時間を潰していました。 いざサッカーの試合が始まってみると、案の定、ボールは避けるは、敵のチームにパスを出しちゃうは、もう大変な騒ぎでした。最終的には試合時間に体力が尽きてしまい、コートの片隅で砂に絵を描いて遊んでしまう始末。 チームは欠席が多くてぎりぎり11人しかいなかったので、何とか試合には出してもらえたものの、全く役に立たない娘に、私は試合会場から逃げ出してしまいたいくらい恥ずかしかったです。 夕方、大会は無事に終わり、それでもうちのチームは16チーム中4位の成績でした。 恥ずかしさとイライラで疲れ切った私は、最後の主催者の方からお話を聞いて、妙に納得してしまいました。 「初めて参加する子供も多かったと思いますが、どんなことをしていたとしても、よく頑張ったと褒めてやってください。本人たちは、自分の今できる精一杯の力を出して試合に臨んでいました。それは素晴らしいことです」 体力も集中力も持たないし、チームに迷惑をかけてばかりの娘でしたが、本人なりに出来ることを一生懸命やっていた姿を思い出すと、これはこれでよかったのかもしれないと思え、今までの恥ずかしさやイライラがすっとなくなっていました。 帰りの車の中では、体力を使い果たしてぐっすり眠ってしまっていた娘ですが、家に着いてからたくさんたくさん褒めてあげました。

http://www.sem-point.com/